脳神経外科医が認めた脳神経科学の教材を利用した指導員の養成

指導員の養成

オーナー様、従業員の方には「RIKUIメソッド」を学んでいただきます。色々な研修や勉強をされてこられた方もいらっしゃると思いますが、改善はそんなにマニュアル通りにはいきません。日々の経験、知識、指導員の強い意志が無ければ不可能です。RIKUIメソッドは、そのような強い意識なども育てながら、応用行動分析+脳神経学+行動心理学+実戦経験を兼ね合わせた療育手法です。RIKUIの脳神経学は脳神経外科医も認めた内容になっています。脳神経学の観点から発達障害を改善に導いて行きます。

また、児童発達支援は未就学児の対応となります。子供の脳は8歳までに完成されると言われています。この8歳という臨界期までにどれだけの知識と良い影響を与えられるかで今後の人生が変わると言っても過言ではありません。この大事な時期に有効的な療育を行うことで子供は成長します。こういった療育を実践することで結果はでてきます。そしてそれが口コミにもなり、児童獲得へのルートともなります。そのRIKUIメゾットを従業員の方に学んでいただき、良い療育を実践していただければ結果を残すことができます。

指導内容

  • 発達障害児への基礎知識
  • 発達障害児への対応
  • 保護者への対応
  • 各種療育具の扱い方
  • 脳神経学、応用行動分析学
  • 発達障害児への学習支援

など、大きく分けて6工程あります。講義時間は個人の取得能力にもよるので一概に指定できません。全職員が理解できるまで行います。